男性白髪染めトリートメント

玉髪白髪染めトリートメントの特徴

更新日:

たまくし

人気急上昇中!初回割引と返金OKで始め易さはNo1!

玉髪は、ベニバナやウコンなど天然の染料が使われているので髪を傷めずきれいに染まります。シャンプー後のトリートメントとして使うだけで簡単に白髪を染める事が出来る上、天然のガゴメ昆布エキスを含んでおり、髪にハリとコシを与えてくれる、まさに男性向けの白髪染めトリートメントです。

無添加の天然成分が豊富!

北海道のガゴメ昆布、4種の天然染料(ベニバナ、ウコン、アナトー、クチナシ)が配合されていて、白髪を染めながら髪にハリとコシを与えてくれます。

 

 

継続利用を考えるとコストは高い

1本の使用回数は16回、一週間に2~3回染める必要があり、年間で約25,000円ほどかかる為、コストパフォーマンスでは利尻ヘアカラートリートメントLPLPに負けています。また、初回購入の特典価格もありません。

 

 

素手でOK、放置時間は3分~15分でOK!

シャンプーの後に髪の水気を切り、素手で髪全体を覆うように馴染ませます。待つ時間は3分~15分で済むため、普段のシャンプー後のリンスと同じような感覚で白髪染めが出来てしまいます。

 

 

色持ちは短め。週に1~2回のトリートメントが必要

利尻ヘアカラートリートメントと比べると色持ちが短く、一週間に2~3回染める必要があります。放置時間が短いので頻繁に白髪染めをしてもそこまで面倒ではありませんが、続けるコストの事を考えると少し厳しいです。

 

 

カラーは2色展開

カラーはブラックかダークブラウンの2種類。他の製品に比べてバリエーションは少ないですが、男性向けに特化した商品の為、このラインナップでも十分だと思います。初めての方はダークブランをおすすめします。

 

 

総合評価

放置時間の短さは魅力的で、男性の事をよく考えて作っていらっしゃる製品だと思います。しかし、週に2回3回白髪染めをする事を考えると手間とコストがかかります。

【継続するコスト】【色持ち】等を総合的に考慮すると、利尻ヘアカラートリートメントの方がおすすめかも・・。

 









-男性白髪染めトリートメント

Copyright© メディカリペディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.