男性白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントを使用する際の3つの注意点をご紹介

投稿日:

トリートメントタイプの白髪染めは、自宅で簡単に白髪染めが出来る事、髪や頭皮に優しい成分で負担無く白髪を染められる事が注目され、最近かなり人気です。

しかし、正しい知識を持った上で利用しないと、思わぬトラブルに巻き込まれる事も・・・・

今回は、白髪染めトリートメントを利用する際の注意事項についてご説明します。

 

その1:美容院のパーマとヘアカラーはダメ!

白髪染めトリートメントを使用した髪に、美容院でパーマやヘアカラーをした場合、【もの凄い色になります】

具体的には・・・・・

青くなる!

利尻昆布系のヘアカラートリートメントの成分と、ヘアカラーやパーマ液のアルカリ性の薬品が反応してしまい、白髪が青く染まってしまう恐れがあるのです。

しかも、一度青くなってしまった髪の毛はヘアカラーで黒く染め治す事が出来ません。(よけい青くなるだけ)

万が一、青く染まってしまった場合はヘアマニキュアタイプの色を被せる染毛剤でごまかすしか方法が今のところありません。

ヘアカラートリートメントを使っているいる人は、美容院でパーマやカラーはしないように気をつけてください。

美容師の方はプロなので、染めたりパーマをする前に髪を見ればトリートメントの白髪を使っている事に気付いてくれると思いますが、万が一気付かずに青く染まってしまったら最悪です。(事実、美容院でこの手のトラブルが最近増えているそうです・・)

これから白髪染めトリートメントを検討されている方で、【パーマをかけたい】と思っている人はパーマを諦めるか、美容院で白髪染めをしてもらうようにしてください。

※ちなみに、光を当てて染めるタイプのトリートメントも薬局などで売ってますが、こちらの場合は緑色に染まります・・・・

 

 

その2:トリートメント代わりに毎日使用はNG!

白髪染めヘアカラートリートメント!とうたっていますが、実際のトリートメント効果に限って言えば、普通のトリートメントの方が髪へのトリートメント効果が高いです。

あくまでも、【白髪を染める】という目的のトリートメント商品であるという事をご理解ください。

また、毎日のようにリンスやトリートメント代わりに使用するのはお勧めできません。各メーカーが推奨する頻度で利用するようにしましょう。

 

 

その3:素手でOKだけど・・・・

白髪染めトリートメントのウリは、【自宅でリンス感覚で手軽に使える】という事です。市販のヘアカラーやヘアマニキュアのように手袋をして床に新聞紙を広げて窓を喚起しながら白髪染めをしなくても、お風呂で素手で白髪染めが出来ます。

とはいえ、素手で使うと手は黒くなります。特に【手を濡らさずにトリートメントを使うとかなり色が付きます】白髪染めトリートメントを使う際は事前に手は濡らしましょう。

もちろん石けんで洗えばちゃんと落ちますが、爪の間とかに残ってしまう事もあります。黒くなるのが気になる人はビニール手袋などを着用してやった方が良いでしょう。

 

 

まとめ

白髪染めトリートメントはたしかに簡単で、安くて、髪と頭皮に優しいという他のヘアカラーやヘアマニキュアには無い魅力がたくさんありますが、決して万能ではありません。

メリットとデメリットをよく調べた上で試して下さい。

個人的には、非常に気に入ってます。男性はとくにせっかちな人が多いと思いますが、私は美容院で1時間も2時間も拘束されるのが大っきらいなので・・・

関連記事)白髪染めトリートメントのメリット・デメリット







-男性白髪染めトリートメント

Copyright© メディカリペディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.