いびきのコラム いびきの防止 睡眠時無呼吸症候群

【超まとめ】いびき・睡眠時無呼吸症候群の検査・治療方法を徹底調査

投稿日:

いびきや無呼吸症候群の検査って、どんな検査をするの?悩んでいてもなかなか治療などの行動に起こせず日々を過ごしてしまう方が多いと思います。

いびきと睡眠時無呼吸症候群の検査については大きく2つの種類があります。

今回は睡眠時無呼吸症候群の検査や治療について詳しくご紹介します。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査方法

1:自宅でチェックする簡易検査

自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間に検査を受ける事が出来ます。

手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。

自宅でもできる検査なので、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査することができます。何よりも、お仕事をされている人でも日常生活に影響なく検査できるのはありがたいですね。

いびき・睡眠時無呼吸症候群の検査は、基本的にはまず簡易検査から行ないます。
主に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメトリー)と、いびきの音や気流から上気道の狭窄状況や呼吸状態を調べる検査があります。

主な検査の流れ

睡眠外来へ行って問診→検査機器の貸し出し→自宅で寝る時に装着して検査→後日検査結果を病院で確認

検査の結果、必要に応じて精密検査/治療へ進みます。

中には、機器の貸し出しをインターネットで予約すれば病院に行く事なく検査機器を家に届けてくれ、翌日回収して検査結果をお知らせしてくれる業者もあります。

私は機器の配達と回収も行ってくれる業者にお願いして検査しました。

 

2:病院で1泊し、精密検査

医療機関に1泊して睡眠と呼吸の「質」をチェックします。

簡易検査よりも検査する項目も多く、より正確に検査を受ける事が出来ます。 簡易検査の結果、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合などは精密検査を行うことになります。

主な検査項目

  • 口と鼻の気流(空気の流れ)
  • 血中酸素飽和度(SpO2)
  • いびきの音
  • 睡眠時の姿勢
  • 胸部・腹部の換気運動
  • 筋電図
  • 眼電図
  • 脳波
  • 心電図

病院によっては、仕事明けに病院へ行き、夜一泊して検査を受けた後翌朝普通に会社に出社出来るようなタイムスケジュールを調整してくれるところもありますので、精密検査が必要な場合は希望のスケジュールを相談してみましょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査で使用する機器

いびき・睡眠時無呼吸症候群の検査には下記のような装置を使います。

出典:https://www.y-jibika.jp/14674244942715

鼻にチューブをセットしますが、そこまで奥深く挿入するわけでもない為、痛くないので安心して下さい。

私は簡易検査しかしておりませんが、全然痛くないです。(とはいえ、鼻にチューブ・指に脈を測るクリップ等をつける為、少し寝にくいですが・・・)

 

 

いびき・睡眠時無呼吸症候群の検査費用

睡眠時無呼吸症候群の検査は、保険が適用されます。
3割負担の場合

簡易検査  約2,700円

精密検査  約10,440円

※別途、初診代や入院費(ベッド代)等がかかる場合がありますので、医療機関へ確認をお願い致します。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の対策・治療方法

医師と相談の上、主に、下記のような対策により治療や改善を進めます。

  • 減量
  • 生活習慣の改善
  • CPAP
  • 口腔内装置
  • 手術治療

 

減量・生活習慣の改善

睡眠時無呼吸症候群の改善には減量が効果的です。肥満体形の方で首周り、上気道まわりに脂肪がついて気管を圧迫する事で空気が通りにくくなったり、塞がりかけた気管を空気が通る時に振動する事でいびきが発生する事が主な原因になっている為です。

また、お酒の飲み過ぎ、煙草の吸い過ぎなどもいびき、無呼吸症候群の原因となりえます。出来るだけ規則正しい生活を送るようにして、減量に努める事が継続的ないびき・睡眠時無呼吸症候群対策の第一歩です。

とはいえ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)が軽症の場合は、減量や生活習慣を改善するだけで症状が改善することもありますが、中程度~重症のSASの場合は日中の猛烈な眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなか前向きに取り組みが困難な場合があります。

そういった中~重症のSAS患者さんには、CPAPと呼ばれる装置を使った治療が適しています。

 

CPAPとは?

Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとってCPAP(シーパップ)と呼ばれるこの治療法は、就寝時に鼻に取り付けたマスクから強制的に空気を送り込む事で、睡眠時の呼吸をサポートする医療器具です。

健康な人の場合、息を吸うと横隔膜が収縮して胸腔が広がる事で空気が鼻の穴からのどを通り、気管から肺に流れこみます。しかし、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の場合、胸腔が広がった圧力で気管のやわらかい組織が内側にひきこまれ、気道が狭くなってしまったり塞がったりしてしまいます。

狭くなった気道を空気が通ると、まわりの組織が振動していびきが発生します。気管が狭くなり過ぎた場合は無呼吸となってしまいます。

CPAPを使うと強制的に風を鼻から送り込まれる為、気管にスペースが確保されて鼻で楽に呼吸をすることが出来るという仕組みです。

 

CPAP治療は健康保険適用される

CPAP治療は、スクリーニング検査でAHI40以上、または確定診断でAHI20以上で保険診療の対象となります。その為、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は一度病院で検査を受け、スクリーニング検査を受けてCPAP治療を受けるか否か検討する事をおすすめします。

参考)全国の睡眠時無呼吸症候群治療可能な病院

 

CPAPは根本的な治療ではない

CPAPはあくまで、強制的に空気を送り込む事で気道の閉塞を防ぐ対症療法的な治療です。その為、就寝時は毎日必ずCPAPを装着して寝る必要があります。装着せず寝たらまた無呼吸症候群になります。

そういった意味では、根本的な治療法ではありませんが、睡眠の質も上がり、日中の眠気の改善にもかなり効果があるので重症の場合は試すとかなり楽になります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療は何科?どの病院?

いびきや無呼吸症候群は病気と同じ!

いびきや無呼吸症候群に悩まれる方は一度専門のお医者様に診てもらう事も改善への方法の第一歩です。

とはいえ、実際いびきや無呼吸症候群の相談をしたい時はどの病院の何科に行けばいいでしょうか??

優先順位毎に紹介していきましょう。

 

1:睡眠外来

あなたのお住まいの近くに、睡眠外来のある病院があればまずそちらで受診される事をおすすめします。

 

睡眠外来とは?

睡眠外来は、いびきや睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー、不眠症等の睡眠障害を改善するための治療を行っている睡眠治療の専門医療機関 です。

従来は、睡眠障害については心療内科や神経科にて睡眠の障害を改善することが一般的でしたが、近年睡眠時無呼吸症候群などが深刻な問題として受け止められて、より睡眠障害の治療に特化した科が設けられるようになってきました。

具体的に睡眠外来では、睡眠障害や睡眠治療の専門医が下記のような治療や診察を行う事が特徴です。

  • ひとりひとりの睡眠障害の原因特定、治療方法の提案
  • 必要であれば歯科医と協力し、マウスピースの作成
  • 一般の内科より高度で専門的な知識を用いた治療

 

睡眠外来で改善できる症状

睡眠外来は、睡眠治療に関する専門的な知識を持っている医師が在籍している為、いびきや睡眠時無呼吸症候群、不眠症や過眠症など、あらゆる睡眠障害の症状の改善を行ってくれます。
ただし、うつ病など心の病による不眠や仮眠などの場合は、まず心療内科に相談して下さい。

 

睡眠外来で改善治療を受けられる症状

  • いびき
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 激しい寝相
  • 激しい寝言
  • 不眠症 (入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害)
  • 過眠症 (ナルコレプシーなど)

 

2:耳鼻咽喉科・内科(呼吸器・循環器)

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因は、上気道が睡眠時に狭まる・もしくは塞がってしまう事が主な原因の為、呼吸器や循環器を診てくれるお医者様に相談するのも有効です。

ただし、睡眠外来がお近くにあればまずはそちらに相談したほうが無難かと思います。 ただし、最近では耳鼻咽喉科でも睡眠時無呼吸症候群の入院検査等も受け付けている病院もありますので、一度確認してみるのもいいでしょう。

 

3:かかりつけのお医者様(内科等)

まずはかかりつけのお医者様に相談し、総合病院などを紹介してもらうのも一つの方法です。

ただし、最終的には睡眠障害の治療に特化したお医者様のところへ行く事にはなると思います。

 

 

まとめ

いびきや睡眠時無呼吸症候群は様々な診療科で診られています。

「睡眠外来」などはもちろん、内科(呼吸器・循環器)や耳鼻咽喉科などでも睡眠時無呼吸症候群に対応している場合があります。

もし睡眠時無呼吸症候群の検査・治療に対応している医療機関がお近くにない場合は、かかりつけ医にご相談ください。

仕事で毎日お忙しい方でも自宅で検査出来ますし、精密検査もうまく時間を調整すれば仕事には支障をきたしません。

また、保険適用で比較的安価に検査が可能ですので、いびきに悩まれている方はまず簡易検査を受けてみてはいかがでしょうか?

自分のいびきがただのいびきなのか、睡眠時無呼吸症候群なのかを早期見極める事が非常に大切です。

 

ただのいびき(単純いびき症)であれば、いびき対策にはいびきグッズ+サプリメントの組み合わせが最強だと思います。気になる方は是非チェックしてみてください。

>>いびき対策グッズのランキングはこちら







-いびきのコラム, いびきの防止, 睡眠時無呼吸症候群
-,

Copyright© メディカリペディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.