白髪染めの種類

ヘアマニキュアによる白髪染めのメリット・デメリット【ヘアカラーとの違いは?】

更新日:

ヘアカラーとヘアマニキュアは全く別のものです。同じもので、言い方を変えているだけと思っている方も多いので、ここではヘアマニキュアについて詳しく説明していきます。

ヘアマニキュアにもヘアカラーには無いメリットやデメリットがあります。

 

ヘアマニキュアの仕組み

ヘアマニキュアは、酸性染毛剤と呼ばれています。ヘアカラーは酸化染毛剤です。酸化と酸性で何が違うのでしょうか?

ヘアマニキュアは、髪の毛のメラニン色素は脱色しないで、染料をおだやかに浸透させます。白髪は自然な感じに色がつく感じです。

ヘアカラーは無理やりキューティクルをアルカリの薬剤で開いて髪の中のメラニン色素を分解して脱色→染料を髪の内部に結び付ける【根本的な白髪染め】ですが、ヘアマニキュアは【キューティクルを開かず、表面から染料をしみこませる】白髪染めです。

【表面に色を被せる】というイメージです。その為、ヘアカラーのように黒髪を茶髪など明るくする事は出来ませんが、白髪を黒く染める事は可能な為、白髪染めで良く利用される方法です。

また、グロスカラーと呼ばれている物も、ほとんどヘアマニキュアと同じ成分です。

キューティクルは、髪の毛の表面のウロコ状の薄い細胞の層の事です。髪の毛が痛むという表現は、この髪の毛の表面のキューティクルが崩れたり開いたりする事でギシギシした髪の毛になる事を指します。

 

 

ヘアマニキュアのメリット

ヘアカラーより髪と頭皮に優しい

ヘアカラーで用いられるジアミン成分という成分が入っていないため、地肌がかぶれることが少なく、比較的 安全に白髪染めをすることができます。

髪の毛にダメージをほとんど与えません。逆に、キューティクルの傷んでいる部分に入り込んでくれるため、手触りがよくなります 最近のマニキュアの成分は向上してきているので、トリートメント効果で髪の毛に弾力も出て つやつやになる場合も。

※ヘアマニキュアの髪へのダメージについては賛否両論あります。マニキュア成分を被せ続けているからツヤツヤなだけで、中の髪は傷んでいるという説もあります。

 

 

ヘアマニキュアのデメリット

明るくは染められない

黒い毛は茶色くは染まりません。とはいえ、白髪染め用途に限ればそこまでのデメリットではありません。 ヘアマニキュアは白髪の部分と茶色い部分しか染まりません。

 

頭皮につくと頭皮も染まる

ヘアマニキュアは、純粋な染料の為、頭皮やおでこ、耳についてしまうと皮膚が黒く染まってしまいます。

美容院の場合はリムーバーと呼ばれる薬剤を落とす液体でふき取ってくれますが、自宅で自分で白髪染めをする時はうなじや耳の裏が真っ黒に染まってしまったり。上記の理由から、白髪を地肌から染めれないので白髪は1㎜~2㎜は残ってしまいます。

 

色落ちしやすい

色がヘアカラーよりもとれやすい(退色しやすい)です。ヘアカラーのように根本的に染め上げるわけではない為、洗うたびに自然に色は落ちてきます。

しかし昔と比べ色持ちが良くなってきており、美容院でキチンと染めてもらうと、3週間から1ヶ月半まで持続すると言われています。

私の場合、市販のヘアマニキュアで染めると、2週間程で白髪が目立ち始めます。2週に一度ほど、自分で染め続ける必要があり、少し面倒です。

また、お風呂場で染めるとヘアマニキュアが飛び散ったところが黒く染まってしまって色が取れなくなってしまったりすることもあります。あと、染めた後に髪を拭くタオルが黒く染まったり、枕カバーが黒くなってしまう事はあります。

 

 

まとめ

しっかり白髪を染めたい人はヘアカラーの方が向いていると思います。ただ、ヘアカラーに比べて髪と頭皮への負担はかなり軽減される為、長期的にお付き合いが必要な白髪の対策としてはヘアマニキュアタイプの【色を被せる】白髪染めが個人的にはおススメです。

 

ヘアマニキュア以外にも白髪染めの方法はある

白髪を染める方法はヘアマニキュアだけではありません。当サイトではそれぞれの白髪染めのメリットデメリットを詳しく説明しておりますので、是非あなたに一番合った白髪染めを見つけてみてください。

ヘアマニキュア以外の白髪染めのメリット・デメリットについて

-白髪染めの種類

Copyright© メディカリペディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.